こちらのアイテムは2016/9/18(日)開催・第四回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

あたらしいともだち

  • D-37 (小説|BL)
  • あたらしいともだち
  • 高梨 來
  • 書籍|A5
  • 16ページ
  • 0円
  • http://lovelylic.ivory.ne.jp/…
  • 2016/9/18(日)発行
  • 創作BL│ A5コピー │ 無料配布 │ 16/09/18


    聞いてほしかったんだろうな、きっと。わかるよ。


    ジェミニとほうき星」、「ほどけない体温」番外編。
    海吏の、そして周の「あたらしい」友達、春馬くんから見た彼らのお話。
    春、間近」に海吏と春馬くんが出てこなくて作者が寂しいから書いた、みたいなあれです。
    無料配布ですのでどなたさまもお気軽にどうぞ。





    【本文サンプル】
     
     ―『忍の電話借りてます。アドレス教えてもらっていいかとか確認するの面倒で。こないだはいろいろ世話になってほんとにごめんね、いつもろくでもないことばっかで迷惑かけてるんだろうけど、本当に感謝しています。また改めて謝らせてください。
    たぶんいままでもこれからも忍が迷惑かけんだろうけど、本当に手に負えない時は引き取るんで遠慮なく連絡してください。こちらの連絡先も書いておきます。
     それはともかく、またちゃんとお礼をしなきゃと思っているのでよかったら近い内に伏姫くんと忍も交えて時間でも作ってもらえるとありがたいです。よろしくお願いいたします。
    桐島周』


     メールの文面ひとつにも性格はでるものだとは思うけれど、これはまぁ。
    スマートフォンの画面、履歴の中でも異彩を放つようなきっちりとした硬質な文章を前に、思わず背筋の伸びるような心地で、着古した部屋着のスエットの袖のあたりをなぞる。
     まじめなんだろうな、なんていうか。こんな言い方すると、失礼かもしれないけれど。
     自分にも他人にも厳しくて、きっちり筋を通すような子―出会い頭に受けた印象がそれだ。初めて顔をあわせた時の恐縮しきったそぶりや、ひどく弱気な態度を見せる傍らの彼を気遣いながらぺこぺことしきりに繰り返し、心底申し訳なさそうに頭を下げて謝罪を促す仕草にもそれはよく現れていた。
    同年代にしてはいやにしっかりして、毅然としていて―それでいて、どこかもろく、不安げだった。
     躊躇いも迷いも戸惑いも―それでも、手を離すことなんて出来るはずもないというまっすぐな想いも。力なく揺れていたまなざしには、そのすべてがゆるやかに溶かされていたようで。

     恋人のことが大切なのは、自分だって同じだ。
    つきあってもう五年は経とうとしている。ちいさなすれ違いめいたものはあったって、その間に決定的な大きないさかいもないまま日々を積み重ねてこられたのは奇跡みたいなことだと思っている。
     ……もしかして不満なんていくらでもあって、どこかで吐き出したうえでああやって笑いかけてくれるんだろうか。大いにありうる。
    ぶつかり合うことが必要不可欠だとは思わない。それでも、あんな風にまっすぐに向き合って気持ちを預け合う姿を見せられてしまえば、自身に鑑みていろいろ考えさせられてしまうのは仕方のないことのように思えて。

     さて、どう返事をしたものか。あんまり深く考えないほうがいいとは思うのだけれど。あれやこれやと思案に明け暮れながらベッドの上に投げおいたスマートフォンの液晶にちらりと目をやれば、間を読んだかのように聞きなれた無機質な着信音が鳴り響く。
     もしかしてつぐみちゃん? だったらすごいな。
     期待と不安がないまぜになったような心地でちらりと画面を確認すると、予想とは違う展開に、それでも少しだけ安心させられてしまう。

    『瀧谷くん』

     ああ、そうきたか。



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ジェミニとほうき星My Shooting Star. —ジェミニとほうき星2—あたらしい朝真夜中のころほどけない体温庫内灯⇔午前三時の音楽ピアニストの恋ごころおやすみを言うまえにletters春、間近—ほどけない体温2—No signalあたらしいともだち君は雨

「気になる!」集計データをもとに表示しています。