こちらのアイテムは2015/9/20(日)開催・第三回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

耳と尻尾の狭間にて

  • B-15 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • みみとしっぽのはざまにて
  • 犬吠埼一介
  • 書籍|B6
  • 500円
  • 2013/04/14(日)発行
  • これまでに書いてきたついのべ(ツイッター小説のこと)を、一冊の同人誌としてまとめました。 140文字の連なりが織りなすついのべの楽しさを感じていただけるよう、自由でやわらかい 雰囲気で編集してあります。ぜひこの機会にお楽しみください。:)

    ツイッターのハッシュタグ「 #twnovel 」をご覧いただければ、そこで日夜活発に行われている ついのべという創作を最もシンプルにご堪能いただけると思います。数多の創作家が参加し、それぞれの特徴ある世界観を表現する、非常に柔軟で、躍動感のある界隈となります。僕の 作品は、どちらかといえば小説というよりも、叙情詩的な、自らの思いの丈を力強く吐き出した ような、詩歌に近い内容となります。さながら、犬が吠えているかのごとく。

    耳と尻尾の狭間にて。そこで日々思いついたことを自由自在についのべとして書き綴るという わけです。たったの140文字、それがひとつの単位であるからこそ成しえるリアルタイムさがあります。どんなに短編といっても、通常の小説ではこうはいきません。そう考えると古来から 続く短歌や俳句といった表現と、随筆やエッセイといった現代的な表現の長所をいいとこ取りしたようなものかもしれませんね。この作品を読んでいいなと思ったら、ぜひあなたもついのべ にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。そんな、新しい出会いの一助ともなれば幸いです。 価格は、昨今の個人出版界隈の事情を最大限考慮して決定しました。ご了承いただければ 幸いです。

    かわいらしい猫の顔の表紙は、ツイッターで大人気のアルファツイッタラー、わさらーさんに 描いていただきました。非常に魅力ある、楽しい雰囲気に仕上がったと思います!

    税込500円。セット値引きで何冊でも1000円となります。conca(コンカ)という
    無償のカードで電子書籍と朗読版を頒布します。同人誌の購入特典となります。
    アマゾンでも電子書籍を期間限定で無償頒布しています。URLから飛べます。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

蛮勇は世界を巡る割られよ、凍てついた王冠よ耳と尻尾の狭間にてさながら元素のように僕らは出会ったそのたま! その銃弾が、確かにセカイを変えたのだ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。