こちらのアイテムは2020/3/22(日)開催・第四回文学フリマ前橋(中止)にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ前橋(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

PUNCH DRUNK NIGHT

  • ウ-14 (小説|アンソロジー)→配置図(eventmesh)
  • ぱんちどらんくないと
  • ジャスコ邪馬台国店(舟岸南 ニイボユウスケ)
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 456ページ
  • 500円
  • 2020/03/22(日)発行

  • とある男のなんでもないはずの夜は、偶然の出会いから奇妙な世界への入り口に変わった。—著者二人の連作で書かれたパンチドランクナイトシリーズをはじめとした、なんでもありのアンソロジー。



    【収録作品】
    何でもない夜が始まりだった。
    「パンチドランクナイト~二十一時から二十三時~」

    イカれた女と白昼夢のドライブ
    「パンチドランクドーン~セーラー服とロールスロイス~」

    研修旅行で起きたこと
    「チェルシー」

    帰れない、出られない、終わらない!
    「RIKACOの女子会が終わらない」

    ジャンルレスウルトラ短編集
    「四行ちょい」

    俺はある日突然、センセーから呼び出された。
    「俺ら星クズっすね」

    漫才王、爆誕。
    「ヘッドショット」

    現代短歌
    「こうすればいいんだろうよこうすればみんなまんぞくなんだろむかつくぜ」

    私を乗せて荷馬車は進む
    「ドナドナ」

    テレビは遂にイカれた企画を実行した!
    「二兆九百七十八万五千六百五十二時間テレビ」

    これはきっと起こりえる
    「新宿駅南口の記録」

    いつかの愛の記録を辿って
     「風呂場でオナニーしてたら死んだ純文学作家」

    我々、こんな事ばっか考えてます。
    「インターミッション」

    車を降りる時だ。
    「パンチドランクデイ~ドラゴンと呼ばれた男~」

    誰も知らない伝説のパフォーマー達がそこにはいた
    「ビリエッタ:魅惑のパントマイマー」

    少女の純粋な不安と願いと走る理由
    「真理子は信じて走る」

    ある家族に訪れた不幸の連鎖
    「一家確変」

    現代詩への個人的解釈
    「ランダムアクセスメモリーズ 1+2+3+n(y)」

    辺鄙な町が掴んだ一世一代のチャンス
    「未確認バズり物体」

    日記はいつかの自分だ
    「そんな日もあるさ」

    バカを集めて恋バナしました
    「初恋対談」

    王として
    「最後のクイズ王」

    現代短歌
    「きのきいたことなんていえないよしかくさんもじさんかくよもじ」

    僕が好きな人は、ボケの量が過多なんです。
    「夏海さんのいるまち」

    全ての終わりは全ての始まりに帰結する
    「パンチドランクアフターナイト 血肉ロシア怒りのビバノンノン編〜リバースマイライフ〜」

    お互いの作品を解説
    「出ると戻れません(解説)」

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

PUNCH DRUNK NIGHT

「気になる!」集計データをもとに表示しています。