こちらのアイテムは2019/3/24(日)開催・第三回文学フリマ前橋にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ前橋公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

萩原朔太郎研究会 会報 SAKU 第八十三号

  • ア-01 (詩歌|郷土)→配置図(eventmesh)
  • はぎわらさくたろうけんきゅうかいかいほうSAKUだい83ごう
  • 萩原朔太郎研究会
  • 90ページ
  • 500円
  • 2018/05/11(金)発行
  • 第八十号よりリニューアルをした萩原朔太郎研究会 会報です。
    こちらは、第八十三号 新装第四号になります。
    タイトル「SAKU」の文字は、朔太郎自筆サインより採取をしたもの。
    表紙に立つ人物も現存する写真からトリミングをした朔太郎本人です。

    <主な収録内容>
    写真「大阪 萩原邸の庭」萩原朔太郎、萩原朔美
    特別寄稿『ずれの魅力』高橋睦郎
    シンポジウム「『月に吠える』とは何だったのか」高橋源一郎 × 穂村弘 × 松浦寿輝
    報告「リーディングシアター『月に吠える』を声で立ち上がらせる」新井啓子
    リーディングシアター台本「『月に吠える』を声で立ち上がらせる」浅見恵子 栗原飛宇馬
    詩集『月に吠える』(一九一七年)より「ありあけ」詩・萩原朔太郎 絵・浅見恵子
    講演 「『月に吠える』は吠え続ける」 坪井秀人
    研究発表 発表要旨 小橋龍人 大嶋さやか
    全集未収録書簡 「萩原朔太郎書簡、正富汪洋宛」萩原朔太郎
    全集未収録書簡・解説「詩壇に向けた思い」小林教人
    レポート 第3回茶話会レポート 山口順子
    研究の窓 栗原飛宇馬
    レポート 「〈萩原朔太郎の表象空間―その百年〉」聴講記 斎藤之伸
    レポート 「〈切断〉がもたらすもの―勅使河原三郎ダンス公演『月に吠える』印象記」栗原飛宇馬

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

萩原朔太郎研究会 会報 SAKU 第八十三号萩原朔太郎研究会 会報 SAKU第82号 新装第3号萩原朔太郎研究会 会報 総索引萩原朔太郎研究会 会報 合冊本

「気になる!」集計データをもとに表示しています。