こちらのアイテムは2019/3/24(日)開催・第三回文学フリマ前橋にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ前橋公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

萩原朔太郎研究会 会報 SAKU第82号 新装第3号

  • ア-01 (詩歌|郷土)→配置図(eventmesh)
  • はぎわらさくたろうけんきゅうかい かいほうさく
  • 各執筆者・発表者
  • 80ページ
  • 500円
  • 2017/05/11(木)発行
  • 第八十号よりリニューアルをした萩原朔太郎研究会 会報です。
    こちらは、第八十二号 新装第三号になります(右側黄色い表紙のものです)。
    タイトル「SAKU」の文字は、朔太郎自筆サインより採取をしたもの。
    表紙に立つ人物も現存する写真からトリミングをした朔太郎本人(1924年)です。

    <主な収録内容>
    写真「大阪・石橋駅」萩原朔太郎、萩原朔美
    会長就任特別寄稿『「世界の肉」、その欠如』 松浦寿輝
    エッセイ「切り口の面白さ」萩原朔美
    詩集『月に吠える』(一九一七年)より「亀」 詩・萩原朔太郎 絵・浅見恵子
    シンポジウム「Metamorphose 詩から音楽へ」西村朗 × 西田直嗣 × 三浦雅士
    朔太郎忌報告「音楽の中で詩の言葉が立ち上がる」津島千絵
    講演「萩原朔太郎と前橋問題」三浦雅士
    研究発表「萩原朔太郎の愛した〈不思議〉―手品・乱歩・『詩の原理』」栗原飛宇馬
    全集未収録書簡・解説「萩原朔太郎書簡、金児農夫雄宛」萩原朔太郎 解説・津島千絵
    研究の小窓 栗原飛宇馬

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

萩原朔太郎研究会 会報 SAKU 第八十三号萩原朔太郎研究会 会報 SAKU第82号 新装第3号萩原朔太郎研究会 会報 総索引萩原朔太郎研究会 会報 合冊本

「気になる!」集計データをもとに表示しています。