こちらのアイテムは2017/3/26(日)開催・第一回文学フリマ前橋にて入手できます。
くわしくは第一回文学フリマ前橋公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

あげぱん

  • イ-12 (小説|その他)→配置図(eventmesh)
  • あげぱん
  • 多摩美文芸部OB会
  • 書籍|B6
  • 220ページ
  • 700円
  • 2015/11/01(日)発行
  • 『あげぱん』多摩美文芸部OB会
    多摩美文芸部2015年度卒業生有志

    B6判・本文220ページ 700円
    2015.11.01 初版


    多摩美文芸部 @tau_bungei 出身メンバーによるオールジャンル文芸誌。
    油画・日本画・版画・メディア芸術を専門にするメンバーの書いた小説は、変則的かつ繊細で、読みながら視界が開けていくよう。
    ところどころにジャンクな遊び心も満載で、読めば「お腹いっぱい」必至の一冊。

    こちらから試し読みできます
    by.創作文芸見本誌会場 HappyReading

    全作品勝手に解説
    by.山川夜高



    収録作品


    『略歴のモノ派』
    千葉大二郎(14年卒・ゲスト)


    『風変源氏物語 真木柱』
    小説:いだあやこ

     わたしは今、父の時間を止めようとしている。明日の朝もわたしの目がまばたき、わたしの口が凍った息を吸い込み、わたしの指先が白い世界を溶かすように。

    『凵』
    小説:稲生梓

     雨漏りかと錯覚した。明け方のシンクに、歯ブラシを伝って水滴が滴り落ちていたのだ。

    『「履歴書は郵送してください。また簡単な文章をみるために八百字程度のエッセイをこの番号にファクスしてください。結果は後ほど連絡いたします」』
    エッセイ:小倉七味


    『とぶ』
    小説:小倉七味

     給料明細表に火をつけてちょうど自分の名前まで燃やしたら、ノド飴缶の中に投げ入れてもう、其れきりにした。

    『アイドルと恋愛』
    エッセイ:きらきららめこ


    『てらり』
    小説:松尾愛

     薄いレースカーテンの奥でひらひらと優しく踊る四枚の白シャツを眺めながら、言葉が聞き取れる最低ラインの音量に設定したiPhoneのラジオで明日の天気予報を聞いていた。

    『愛しているよ』『死ね』『人生』『生き、求め、願うべし』
    詩:マミヤマコト


    『ミッドナイト・ヘッドライト』
    小説:山川夜高 冒頭7000字公開

     はじめに無があった。ひょんな拍子で均衡が傾いて、ほとんど爆発と言っていいような突然の膨張が起こった。

    『原稿おとしました』
    ルチアナ

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

あげぱんVANITASShe Sells Sea Shells by the SeashoreCipher

「気になる!」集計データをもとに表示しています。