こちらのアイテムは2017/3/26(日)開催・第一回文学フリマ前橋にて入手できます。
くわしくは第一回文学フリマ前橋公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

VANITAS

  • イ-12 (小説|その他)→配置図(eventmesh)
  • ヴぁにたす
  • 佐藤芙有 山川夜高 田中バイオ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 86ページ
  • 400円
  • 2014/11/24(月)発行
  • 『VANITAS』スイマー Vol.3
    佐藤芙有 / 山川夜高 / guest. 田中バイオ / artworks. 上原悠里

    文庫・本文86ページ 400円
    2014.11.24 初版

    ── 落下と冬の空、入水と春の海、作家になれなかった作家。
    虚空を思い出す「非-物語」短編集。

    収録作品

    『ワイン』 田中バイオ

     彼が小説家を志したとき、そのワインがプレゼントされた。「あなたが大成したら、このワインを開けて飲みましょう」と恋人は言った。ワインは彼の本棚の上に置かれ、彼が小説家になっていくのを見守ることとなった。

    『空の空』 佐藤芙有

     ベートーヴェンのソナタ集に挟まれていたふるい手紙を、実家の自室で読み直すのはいかにも息苦しそうだったので、持って出てきてしまった。
     部屋の本棚に並んだ楽譜を整理していて見つけた。グレーの封筒は記憶よりもよれよれになっていた。そのまま開かずに捨ててしまいたかったのだけれど、なぜかそうできなかった。
    「もう何も考えられない。」で始まり「つかれた。」で終わる、遺書のような手紙を受け取った僕。

    『入江にて』山川夜高

     兄が帰ってきた日は特別おだやかで凪いでいた。晴れた日、妹が庭で洗濯物を干していると、白い軽トラックに乗った兄が知らせもなく帰ってきた。車を停めて降りた兄が、葬儀で着るような礼服の黒いスーツを着込んでいたので驚いた。かつての葬儀のときは兄もまだ学生だったから、スーツではなく黒い学生服を来て、お堂に正座したのを思い出した。
    出稼ぎの兄が拾ってきた水死体を、留守番の妹は名前をつけて飼い始める。妹は水死体で孤独をまぎらわした。

    『ガルシア』田中バイオ

     ガルシアはいつもおもしろい話をしてくれた。きのう間違ってナイフで指を切って出た血がパンケーキに垂れて食べてみたらストロベリージャムの味がしたとか、学校へ行く途中の路地を普段と逆の方向へ曲がると空と地面が逆さになった町へ出るとか、猫に話しかけられて真剣に議論したら負かされてしまい涙していたときに慰めてくれたのが今の妻だとか。

    こちらから試し読みできます

    by.創作文芸見本誌会場 HappyReading

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

あげぱんVANITASShe Sells Sea Shells by the SeashoreCipher

「気になる!」集計データをもとに表示しています。