こちらのアイテムは2024/1/14(日)開催・文学フリマ京都8にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都8公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

殺人遺伝子

  • か-33〜34 (小説|ミステリー)
  • さつじんいでんし
  • 菱川あいず
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 352ページ
  • 1,000円
  • 2024/1/14(日)発行
  • 殺人遺伝子-17番目の染色体に存在するその遺伝子は、殺人、放火、強姦、強盗といった凶悪犯罪を引き起こす。

    この遺伝子の存在が発見されると、国は治安を守るため、2042年に「殺人遺伝子撲滅法」を制定し、潜在的犯罪者である殺人遺伝子保有者を捕らえ、合法的に殺害することとした。

    殺人遺伝子撲滅法の制定から14年後、司法修習生の佐伯楡が生まれて初めてナンパした少女-安原柊は、楡にある告白をする。
    「私、殺人遺伝子を持ってるの」

    楡が柊を守るために思いついた手段は、国に対して仕掛ける一世一代のテロ行為だった。

    どんでん返しの連続で描かれるSF恋愛ミステリー。


    「小説家になろう」で年間ランキングにも入った筆者の代表作を大幅に改稿しました。

    表紙:碧井秀

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

Mystery Freaks Vol.1京都買います名探偵・桜野美海子の最期殺人遺伝子

「気になる!」集計データをもとに表示しています。