こちらのアイテムは2024/1/14(日)開催・文学フリマ京都8にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都8公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【BL】Daybreak Road【R18】

  • く-27 (小説|BL)
  • でいぶれいく ろーど
  • まつのこ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 56ページ
  • 500円
  • https://simca4463.booth.pm/it…
  • 2019/10/6(日)発行
  • R18BL


    『……次の街へ』
    広大な荒れ地で、青年は身綺麗な青年を拾った。
    彼らは目的地へと進んでいく。
    訳あり青年たちの車旅ストーリー。

    表紙白刷り、本文クラフト紙という、変態構成です。

    ~~~~~~~本文サンプル~~~~~~~
     土煙を立てながら、一台の車が走っていく。赤いその車は随分と長い距離を走ってきたのか、年季の入った古いもののようにも見える。
     運転席にはサングラスを掛け、煙草をふかしているタンクトップの男がいる。車から発せられる音、外から聞こえる音、それらを楽しんでいるかのように、ひたすら何もない真っ直ぐの道を走り続ける。その表情は笑っているようにも思える。
     すると、遠くの方で何かが動いているのが目に入る。赤茶色ばかりの景色の中で明らかに浮いて見える白。男はそこへ近付けていく。
     徐々に速度を落とし、真横で停まろうと試みる。近付くにつれ、その正体がはっきりとしてくる。
     この場所がまるで似合わない、身綺麗な青年であった。白いボードを胸の位置で掲げ、そこには黒い文字が書かれている。
     サングラスの男はあと少しというところでそれを認識し、自分の真横に彼が並ぶように停車させる。開いている窓から身を乗り出し、青年へ問い掛ける。
    「どこか行きたいところは?」
    「……次の街へ」
     男は顎をくいっと動かし、青年を自らの車へと招く。
     無表情のまま青年は助手席へと移動する。ボード以外には、平均的な身体の大きさである彼より少し小さめのリュックしかなかった。その中にはほとんど何も入っていなさそうだ。
     それらを前に抱えながら助手席に座り込み、シートベルトを締める。
     カチッと音がすると、サングラスの男はアクセルに力を入れて車をゆっくりと発進させていく。
     けたたましいエンジン音とともに赤い車はスピードを上げ、何もない道を進んでいくのであった。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【BL】gift【R18】【無料配布】【BL】紙いっぱいの物語〜BLショートストーリー集〜【BL】酒と談話【BL】孤独な魔物は愛を知る【R18】【BL】#触手【R18】【BL】セフレから始まる恋【R18】【BL】ネオン街の男娼【R18】【BL】Daybreak Road【R18】【BL】夏色フォトグラフィ【R18】【BL】Marionette上【R18】【BL】Marionette下【R18】【BL】Marionette番外【R18】【BL】しあわせのくに【R18】【BL】空翔ける騎士セット【R18】【ハイファンタジー】金魚姫【ハイファンタジー】Stray Marker【ハイファンタジー】Sweets Mates【アンソロジー】番外編アンソロジー 場外乱闘【ハイファンタジー】Ruin Curse【エッセイ・随筆】【手製本】掛川で鳥と戯れる【その他】夏【写真集】

「気になる!」集計データをもとに表示しています。