こちらのアイテムは2024/1/14(日)開催・文学フリマ京都8にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都8公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

漏刻博士の都のこと

  • い-02 (小説|妖怪・もののけ)
  • ろうこくはかせ の みやこ の こと
  • 兒玉 弓
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 102ページ
  • 500円
  • 2023/11/8(水)発行
  • 『漏刻博士(ろうこくはかせ)の都のこと』は、架空の町を舞台にした連作集。

    時を進めるのをやめてしまった時守、翼をもつ漏刻博士、ピアノの音色で柄が変わる猫、元は鶏だった時守……。怪異や妖や人間が繰り広げる和風SF(すこし・ふしぎ)です。

    初めての本作成、初めての文学フリマ出店です!よろしくお願いします。


    『第一話 鐘楼守(しょうろうもり)』

    八坂神社の長男・融のアパートに住み着き始めた主人公。融の留守中、町に思いを馳せながら部屋のビールを勝手に飲んでいたら、虎のような猫が鍵を配達しに来た。この鍵は一体? 猫の思惑は?

     

    『第二話 鶏頭(けいとう)』

    八坂神社の時守は、元ニワトリの鶏頭である。いつも周りに取り残される哀しさを抱えながら、今日も鶏頭は時鐘を打つ。ある日「龍が見つかった」という噂を聞き……。

     

    『第三話 龍狩り』

    融のアパートの居候と鶏頭は、龍狩りに参加することになった。龍狩りのための橋が架かるという奥社に向かうも、なんだか普段とは様子が異なる。噂を聞き付けた怪異も妖も龍も神までやってきてもう大騒ぎ! はたして龍はやってくるのか。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

漏刻博士の都のこと

「気になる!」集計データをもとに表示しています。