こちらのアイテムは2024/1/14(日)開催・文学フリマ京都8にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都8公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ひとつぼっちの才能の木

  • あ-52 (小説|児童文学・絵本)
  • ひとつぼっちのさいのうのき
  • 湯浅 基子
  • 書籍|A5
  • 28ページ
  • 1,000円
  • 2015/8/15(土)発行
  • -特別じゃないありのまま、それこそが唯一無二の才能-

    【おはなし】

     一羽の鳥が大地に落としていった二つの”きぼうのたね”は、やがて大きな木へと育ちゆく。

     一つの木は早熟で、鮮やかな色とりどりの実をつけて「あふれる才能の木」と呼ばれます。

     その傍らで、もう一つの木がようやく結んだ実はたったの一つだったのですが・・・。

     

     誰もが持っている才能と可能性。なにか特別な能力ではなく、あなたがあなたであることが、

     まぎれもない才能・・・そんなメッセージを込めました。

     初出店のご挨拶と感謝を込めて、

     ・定価  本体1,300円+税 → 1,000円(税込み)で販売

     ・日本語の絵本ですが、英訳併記バージョン(英訳シールを貼付)もあります。

      

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ひとつぼっちの才能の木きつねの奥様時間工房けいとぐるぐる紅の縁

「気になる!」集計データをもとに表示しています。