こちらのアイテムは2024/1/14(日)開催・文学フリマ京都8にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都8公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ルディアと王都防衛隊

  • あ-16 (小説|ライトノベル)
  • るでぃあとおうとぼうえいたい
  • けっき
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 316ページ
  • 1,000円
  • https://novelup.plus/story/26…
  • 2019/1/20(日)発行
  • 謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。 おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー!

    『ルディアと王都防衛隊』シリーズの第1巻です。
    シリーズものではありますが、こちらは1冊だけで読切ものとして楽しむことも可能です。

    魔法なし、転生も転移もなしの中近世ヨーロッパ的世界が舞台。
    ルディアとブルーノの入れ替わりはどのようにして起こったのか?
    孤軍奮闘していたルディアに仲間はできるのか?
    謎解き要素を絡めながら全4章の物語が明るく楽しくときに苦しく、ハッピーエンドに向かって漕ぎ進んでいきます!

    【こんな人におすすめ】
    ・王女と騎士の主従が見たい!
    ・凛とした女の子が見たい!
    ・中年男のブロマンスが見たい!
    ※ウェブ版完結済み! ノベルアッププラス、小説家になろうなどで全話読むことができます

    ◆◆◆以下冒頭部より抜粋◆◆◆


    「殺すなら殺しなさい。私とて一国の王女、無様に命乞いなどしません」
     キッと賊を睨み据え、ルディア・ドムス・レーギア・アクアレイアは告げた。  荒縄で縛られていようとも、冷たい石床に転がされていようとも、品格だけは損なってはならない。それがアクアレイア王国で最も尊い家に生まれついた者のさだめだ。愛する祖国のために最後まで最善を尽くせるか。まさしく今、ルディアは王族としての度量を試されているのだった。
    「どうしたのです? 私が邪魔でさらってきたのでしょう?」
     返事はない。冷え冷えと暗い闇に立つ誘拐犯は擦り切れたケープのフードを深く下ろし、容貌はおろかわずかな表情も窺わせなかった。カンテラの灯火もかび臭い排水路に揺れるシルエットを映し出すのみである。  おそらく賊はグレディ家の差し金だろう。老獪なる女当主グレースが昨春の海難事故で急逝して以来、分家もやっと大人しくなったと思っていたのだが。
    (まさかこんな大胆不敵な犯行をやってのけるとは……)
     ぎり、とルディアは唇を噛んだ。一生の不覚だ。明日は王国の未来を決める大切な一日だったのに。隣国マルゴーと結んだ新たな軍事協定、そして同国の王子チャドとの結婚を大々的に発表するはずだったのに。  これから我が身に何が起きるか、さしものルディアも想像して震えた。縁談を白紙に戻す、グレディ家ならやりかねない、暗殺よりも残忍な方法──それは容易に推測できたから。
    「ッ!」
     不躾な手から逃れようとして壁に背中をぶつける。砂粒がぱらぱらと長い髪に降りかかった。身を汚すのも厭わずにルディアは石床を這いつくばる。だが行く手にはぬらりと影が立ち塞がった。
    「わきまえなさい! 殺せと言っているのです!」
     血の気が引くのを堪えて命じる。ナイフでひと突きにされたほうがまだましだった。少なくとも女としての尊厳は守られる。  辱めを受け、ただでさえ不人気な王の顔に泥を塗りたくはなかった。妃だけでなく一人娘にまで先立たれる父を思うと不憫でならないが、王族が生き恥を晒すわけにはいかないのだ。
    「離せッ! 離しなさい! イヤー! せめて処女のまま死なせてー!」 「姫様!」
     と、そのとき、闇の奥に若い男の声が響いた。精霊の救いだ。もぬけの空の寝所に気づいて誰かが探しにきてくれたのだ。  注意が逸れた隙を突き、ルディアは思いきって賊に体当たりした。キャアと叫んで刺客がよろめく。
    「騎士様、お助けくださいまし!」
     足は拘束されていない。勢いをつけて起き上がり、ルディアは声のしたほうへ駆けた。だがすぐにこの判断は誤りだったと判明する。現れた男はおっかなびっくりルディアの柔らかな身を抱き止めたのち、そっと後ろへ押し返したのだ。
    「ああ、いいところへ……! 見ての通り、待ってる間に姫様が起きちゃって……」 「や、僕のほうこそ遅れてごめん。皆なかなか寝ついてくれなくてさ」
     やって来たのは助けではなく敵の応援だったらしい。前後に挟まれる格好となり、いよいよルディアは退路を失う。
    「……っだ、誰か! 誰かいないの!?」
     声の限りに助けを呼ぶも人里離れた場所なのか悲鳴は空しく響くばかりだ。間もなくルディアは丁重に湿った床に引き倒された。
    「ごめんなさい、ごめんなさい」
     ぺこぺこ詫びつつフードの賊が髪を掴む。波打つルディアの海色の髪を。
    「……ッ!」
     肩が当たってカンテラが倒れたのは直後だった。一瞬大きく揺らめいた火はもう一方の賊の姿を明々と照らし出した。
    「あっ!?」
     見知った顔にルディアは愕然と目を瞠る。よもやまさかこんなところにまでグレディ家の魔手が伸びていたなんて。
    「ブルータス、お前もか……!」 「ひ、姫様、申し訳ありません!」
     青ざめた剣士は平民らしい恐縮した態度でルディアに覆い被さった。  情けない。己の直属部隊から裏切り者を出すなんて。しかもこの男の父親は、ルディアにとっては命の恩人だったのに。
    「ご無礼を、お許しを!」
     若者の震える両手がルディアの喉を締め上げた。  そうしてそれが、ルディアが王女として見た最後の光景になったのだった。


    ◆◆◆第1章「王女の受難」へ続く◆◆◆




ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

胸に輝く石を抱いてムーンライトとグッドバイルディアと王都防衛隊ルディアと王都防衛隊2ルディアと王都防衛隊3

「気になる!」集計データをもとに表示しています。