こちらのアイテムは2023/1/15(日)開催・文学フリマ京都7にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都7公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

「おっさんずラブ」という未来予想図 〜革命の、その先へ〜

  • こ-35 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • おっさんずらぶというみらいよそうず かくめいのそのさきへ
  • ますく堂なまけもの叢書編集部
  • 書籍|A5
  • 110ページ
  • 1,000円
  • 2020/5/31(日)発行
  • 【在庫僅少】

     2019年、怒涛の展開を迎えた「おっさんずラブ」を語りつくした一冊です。 「劇場版」、「in the sky」あわせて6時間を超える激論を活字化したら、10万字以上になりました(笑) 10万字、ただひたすら「おっさんずラブ」を語っています。
    併録記事は以下の二つ。 黒澤武蔵論にして吉田鋼太郎論でもある「黒澤武蔵という『新男性』──あるいは、男・吉田鋼太郎の挑戦」 四宮の高校生時代の初恋を描いた二次創作「四宮の初恋」には、成瀬とのカップル愛も素敵に描かれています。
    二つの「おっさんずラブ」座談会、本当に楽しい時間でした。 「おっさんずラブ」を愛する皆様に、少しでも、この楽しかった時間を届けることが出来たら、幸いに存じます。 ますく堂なまけもの叢書が総力をあげた「おっさんずラブ」特集号を、どうぞよろしくお願いいたします!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

なまけもの日記 その一なまけもの日記 その二ちんくま読書会記録(委託作品)きみはな本 「8LOOMは僕たちの宝だよ」篇秘密の政治BLアンソロジー(嘘題)埼玉の植民地・池袋の片隅で「翔んで埼玉」を語る自称読書家たちが加藤シゲアキを読まずに侮るのは罪悪である矢川澄子というひと 〜緊急事態下に『妹たちへ』を読む〜百人のためのエンターテインメント 〜読書サロンにて『須永朝彦小説選』を読む〜読書サロンにて、矢部嵩『〔少女庭国〕』を読むインフラとしてのジャニーズ 令和の初めに『少年たち』を語る「おっさんずラブ」という未来予想図 〜革命の、その先へ〜君は「やすらぎの郷」を観たか?アナーキー・イン・ザ・寂聴 〜『余白の春 金子文子』を読む〜津原泰水『ヒッキーヒッキーシェイク』を読む

「気になる!」集計データをもとに表示しています。