こちらのアイテムは2023/1/15(日)開催・文学フリマ京都7にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都7公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ここに素敵なものがある

  • こ-27 (ノンフィクション|その他)
  • ここにすてきなものがある
  • リチャード・ブローティガン
  • 書籍|その他
  • 112ページ
  • 2,000円
  • https://kaiin.hanmoto.com/bd/…
  • 2023/1/18(水)発行
  • かなしくてさびしくて優しい人に。

    詩のささやきが放つ色気にすっかりやられてしまった。不幸せな者、それでいてどうしようもなく優しい者だけが持つ、強烈な色気。ささやきでしか、本当のことは語れないのかもしれない。(向坂くじら・詩人)

    『西瓜糖の日々』が文庫化されたのが2003年。大学1年生だった私はブローティガンに大いに影響を受け、物語るように歌詞を書くようになった。狂気を語る穏やかな声は、きっと今も遠くまで響くことだろう。(高城晶平・cero)

     

    リチャード・ブローティガン(『アメリカの鱒釣り』『西瓜糖の日々』)、新訳詩集。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ここに素敵なものがある

「気になる!」集計データをもとに表示しています。