こちらのアイテムは2023/1/15(日)開催・文学フリマ京都7にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都7公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

萌える!古楽の記譜法 3.16世紀の謎カノンを読む

  • さ-14 (評論・研究|音楽)
  • もえるこがくのきふほうじゅうろくせいきのなぞかのんをよむ
  • 坂本卓也
  • 書籍|A4
  • 16ページ
  • 800円
  • 2021/9/26(日)発行
  • 16世紀から17世紀にかけて、初期ルター派によって典礼や音楽教育に用いられたビチニウム
    この2声の楽曲には対位法の基本原理が詰まっています。
    本書「3. 16世紀の謎カノンを読む」では、1545年の出版譜に収められた「謎カノン」を読み解きます。1段の楽譜に添えられた記号とラテン語の指示から追唱声部を生成し、2声のカノンとして演奏するためのトランスクリプション(解決譜)を作成してゆく過程を「実況中継」してゆきます。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ヴァイオリン弾きのための 中世・ルネサンス音楽のはじめかた【増訂第2版】萌える!古楽の記譜法 1.バロックより前の楽譜について知っておきたいこと萌える!古楽の記譜法 2.16世紀の宗教ビチニウムを読む萌える!古楽の記譜法 3.16世紀の謎カノンを読むアルス・ノヴァ読譜アンチョコクリアファイルフランコ記譜法読譜アンチョコクリアファイルノートルダム楽派モード・リトミック読譜アンチョコクリアファイル

「気になる!」集計データをもとに表示しています。