こちらのアイテムは2022/1/16(日)開催・第六回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

青白き光

  • あ-17〜18 (詩歌|俳句・短歌・川柳)→配置図(eventmesh)
  • あおじろきひかり
  • 佐藤祐禎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 著者75歳の第一歌集。
    「いつ爆ぜむ青白き光を深く秘め原子炉六基の白亜列なる」
    平成16年(2004)刊を
    平成23年(2011)に文庫で再刊したもの。
    福島第原発の事故を予言した書とも言われている。
    宮地伸一序文
    「塔」の歌人ではありませんが
    花山多佳子氏のご厚意により販売させていただきます。
    定価の半額で販売します。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

葦舟蝉声続永田和宏歌集百万遍界隈午後の庭近代秀歌知の体力家族の歌吉川宏志歌集吉川宏志集鳥の見しもの石蓮花読みと他者ナラティブ3653日目六本辻ばんどり続花山多佳子歌集ねむそうな木キンノエノコロ前田康子歌集海図汽水域海泡石うたの揚力まいだーん海の額と夜の頬葛原妙子論集ぱらぷりゅいたこやきオリオンの横顔屋根にのぼるお菓子のうた樹雨降る森へ行った日青白き光Midnight Sun夏鴉galley夜にあやまってくれ心がめあてトートバッグイヤリング塔「塔」2022年1月号

「気になる!」集計データをもとに表示しています。