こちらのアイテムは2022/1/16(日)開催・第六回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

天の姫君と大海の王子

  • お-59 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • てんのひめぎみとたいかいのおうじ
  • ほた
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 92ページ
  • 500円
  • 2022/01/16(日)発行

  • 子供が寝しなに聞かされる物語「天の姫君と大海の王子」。

    めでたしめでたしで終わるが、実際には……。

    美しく残酷な世界で生き抜いた彼らの童話の行間をお届けします。

    よくある物語(おとぎばなし)。貴方はその真実を知りたくはありませんか?


    むかしむかし、あるところに。

    ヴァイベル国とトゥルビヨン国、二つの大きな国がありました。王様たちは仲よく国を治めていましたが、ある時小さな競争をはじめました。王様たちの競争は喧嘩に、そして戦争になってしまいました。その戦争は何年も何年も続き、二つの国は恐ろしい魔法兵器を作り、世界を壊してしまったのです。ヴァイベル国は空を割り、恵みの雨を失いました。トゥルビヨン国は海に魔法の槍を落とし、激怒した海の民に恐ろしい呪いを掛けられてしまったのです。王様たちは自分たちがしてしまったことにやっと気づき、泣いてお詫びをしました。しかし、泣いても世界は元には戻りません。王様たちは自分達の大切な家族を空と海に向かわせました。

    ヴァイベル国の姫は天へ。トゥルビヨン国の王子は大海の底へ。

    魔法の得意なふたりは、壊れた世界を懸命に繕いました。おかげで世界は少しずつ元の美しい姿へと戻っていったのです。大切な家族を失ってしまった王様たちはその後、懸命に国を治めました。争いからは何も生まれません。

    ふたりは天の姫君と大海の王子と呼ばれ、いまも空と海の離宮に暮らし、私たちを見守ってくれているのです。

    「天の姫君と大海の王子 より」


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

天の姫君と大海の王子花の中の花 1花の中の花2花の中の花3(上)花の中の花3(下)花の中の花 3と4の隙間花の中の花短編1花の中の花4(上)老舗魔法薬店末っ子長男の処方箋老舗魔法薬店末っ子長男の処方箋2探さないでください1Doubt二枚の結婚写真【無料配布】短編Doubt後日談「KING」【無料配布】ASSORT3【無料配布】夢花探インフォメーションペーパー 【本の紹介】

「気になる!」集計データをもとに表示しています。