こちらのアイテムは2022/1/16(日)開催・第六回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

怪奇幻想短編集 反魂抄

  • え-30 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • かいきげんそうたんぺんしゅう はんごんしょう
  • 早高叶
  • 書籍|A5
  • 48ページ
  • 400円
  • 2021/01/16(土)発行
  • 収録作品
    「五月の旅路」
    「夢でしか行けない街」
    「一九九九年の人身御供」
    「反魂抄」
     
    生と死の境界、現実と非現実のあわいを超えてゆくようなお話を集めました。

     
    (書き出し紹介)
    「五月の旅路」
    学校の裏庭にある池に、幽霊が出るという。五月の黄昏時にだけ、池のほとりに姿を見せる、と。そんな噂が校内でささやかれていた。真偽を確かめてみようと、とある放課後、私は裏庭に向かった。

    「夢でしか行けない街」
    夢でしか行けない街がある。 そこへはいつも、バスで行く。がたっと体が大きく揺れる感覚があって目を覚ますと――夢の中で目を覚ます、というのも変な話だが――私は、バスに乗っている。

    「一九九九年の人身御供」
    「今日あたり、ヒガンに行こうと思うの」 ヒガン、と彼女が口にすれば、それはまるで外国の甘いお菓子の名前のようだった。マカロンとか、そういう感じの。 とはいえ当時、マカロンはまだ日本に上陸していなかった。そして僕たちがその時、橋の上で欄干にもたれながら話していた文脈からすれば、それはやはり「彼岸」と表記されるべき単語だった。

    「反魂抄」
      あ、虹が……と彼女が頭上を指した。 昼下がり、雨がやんだ後の裏庭は、やわらかな光に満ちていた。
     眩しさに目を細めながら見上げると、その儚い七色はすでに空の青さに溶けかかっている。間もなく、見えなくなった。
     消えてしまいましたね、と傍らをかえりみれば、彼女の姿も消えかかっている。
    森の奥から、うす青く透きとおった長い手が一本、伸びてきていた。その手に手を取られ、彼女は曳(ひ)かれてゆく。
    わたしと彼女はしっかりと手を握り合っていたはずなのに、その手はいつのまにか、ほどけていた。わたしは慌てて引き止めようとして、だけど、伸ばしかけた手を、だらりと下ろす。
    もともと、森の中の墓からやってきた彼女だ。いつかはそちらへ、帰ってゆくものだった。

    ☆続きはどうぞ本誌でお楽しみください!


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

黄昏奇譚集怪奇幻想短編集 反魂抄

「気になる!」集計データをもとに表示しています。