こちらのアイテムは2022/1/16(日)開催・第六回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

資本主義リアリズム

  • き-17〜18 (評論・研究|現代思想・哲学)→配置図(eventmesh)
  • しほんしゅぎりありずむ
  • マーク・フィッシャー
  • 書籍|四六判
  • 212ページ
  • 2,000円
  • 2018/02/20(火)発行
  • ポップカルチャーと社会に鋭い光をあて、ヨーロッパで熱狂的な注目を浴びたイギリスの批評家、マーク・フィッシャーの主著、待望の邦訳刊行。 2017年に急逝した彼の、「ぼくらの」、言葉とため息、叫びを、未来へ届けるために。
    装丁 イシジマデザイン制作室(石島章輝) 装画 Stanley Donwood

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

POSSE vol.49ジェネレーション・レフトマルクスの物象化論[新版]暗い世界大洪水の前になぜオフィスでラブなのか資本主義リアリズム戦う姫、働く少女ラグジュアリーコミュニズム緊縮ノスタルジア

「気になる!」集計データをもとに表示しています。