こちらのアイテムは2022/1/16(日)開催・第六回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

銃拳使いと自動人形

  • い-26 (小説|妖怪・もののけ)→配置図(eventmesh)
  • じゅうけんつかいとおーとまた
  • 齊藤紅人
  • 書籍|新書判
  • 188ページ
  • 1,100円
  • 2019/09/08(日)発行

  • ◆第4回カクヨムWeb小説コンテスト◆ 
     読者選考週間ランキング
     異世界ファンタジー部門 最高9位


     これは、神によって[あらゆる刃物が斬ることを禁じられた世界]の物語。

     魔法仕掛けの銃と鍛えた拳で魔獣を狩る銃拳使い
     ――ジャム・ストライド
     
     その従者である球体関節人形の少女型オートマタ
     ――キィハ−五七

     二人が旅の途中に立ち寄った小さな街で、この世界では有り得ないはずの[切断された死体]が発見される。

     事件の真相を追うは、街の保安員にして小説家志望
     ――ユヲン・バークリィ

     彼は[切断された死体]というハウダニットに対し、いくつもの仮説を立ててひとつずつ検証してゆくのだが……。

     ファンタジー×ミステリー
     ガンアクション×マーシャルアーツ

     最後にたった一つ残される真実に貴方は辿り着けるだろうか?

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

妖魅夜暁竜斬の理銃拳使いと自動人形

「気になる!」集計データをもとに表示しています。