こちらのアイテムは2021/1/17(日)開催・第五回文学フリマ京都(中止)にて入手できます。
くわしくは第五回文学フリマ京都(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

『つくづく vol.8』(特集:セルフ・カヴァー)

  • さ-17 (ノンフィクション|雑誌)
  • つくづく 8
  • 金井悟
  • 1,800円
  • 『つくづく vol.8』は、セルフ・カヴァー特集です。要は、新装版です。中身は、『つくづく vol.1』です。つまり、vol.8はブックカバーです。裏にコメカさんの文章を掲載しています。唯一の記事です。

    先日、知人に「それ、幾らで売るんですか?」と聞かれたので、vol.1の定価である1800円(税別)だと答えて、気が付きました。vol.8は実質無料だということに。いや、この場合、vol.1が無料になるのか。果たして、モノの価値とは?

    デザイナーは「自己否定じゃないか」と言っていました。自己模倣であり、自己否定であり、価値の転換であり、なんでもありーー。それが、『つくづく』らしさ、なのかもしれません。
    ※ほぼ、『つくづく vol.1』です。その点をご理解いただいた上でお買い求めください。

     -----
     『つくづく vol.8』
    ・B4サイズ/2ページ/本文:リソグラフ
    ◎エッセイ コメカ(TVOD/早春書店店主)

    ○綴込付録:『つくづく vol.1
    ○別冊付録:漫画版「カラーボックスをつくった男の話」(原作・金井悟 漫画・コルシカ)
    ○別冊付録:つくづく休刊記念増刊号『自家中毒』

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

『つくづく vol.8』(特集:セルフ・カヴァー)『つくづくvol.7』(特集:梱包)つくづくのタオルブック

こちらのブースもいかがですか? (β)

生活の批評誌  雨の宿木  罪辞典  BーREVIEW  関西魂  大阪桐蔭文芸部  茶話歴談  薄禍企画    ひよ松&白そうめん  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。