こちらのアイテムは2018/1/21(日)開催・第二回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

江ノ島幕府時代の記憶(一)

  • あ-13 (小説|妖怪変化・もののけ・常世)→配置図(eventmesh)
  • えのしまばくふじだいのきおくいち
  • 荻サカエ
  • 書籍|A5
  • 32ページ
  • 200円
  • 2018/01/21(日)発行
  • 江ノ島幕府が存在した世界での、藤原定家、藤原家隆をはじめとする新古今歌人たちの日々を描く連作短編シリーズの第一巻。
     収録作は以下の二作です。

    「藤原朝臣定家、普賢象を藤原朝臣家隆が掌上にて見し事」
     書き下ろし。

    「試験に落ちた鴨長明と雅経さんに昼が来た」
     小説投稿サイト『カクヨム』にて2017年8月に公開。現在も全文読めます。

     本文縦書き2段組。
     略年表と登場人物紹介、あとがきをつけました。

    【登場するもののけ】
     一寸法師(一時的なもの)


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

生仏と行長江ノ島幕府時代の記憶(一)世子可変G申楽談儀水を焼く明月物怪録 ─嘉禄元年六月の異鳥の事─

「気になる!」集計データをもとに表示しています。