こちらのアイテムは2020/6/21(日)開催・第五回文学フリマ岩手(中止)にて入手できます。
くわしくは第五回文学フリマ岩手(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

white minds

  • ほわいとまいんず
  • 藍間真珠
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 316ページ
  • 800円
  • http://indigo.opal.ne.jp/
  • 2014/11/23(日)発行
  • 違法者を取り締まるべく、異世界へ派遣された神技隊。だがその裏には別の思惑が潜んでいた。
    突如現れた「第十八隊シークレット」瓜二つの五人。
    まやかしの平穏が失われた時、全ての謎は消えた歴史へと収束する。
    謎と陰謀愛憎渦巻く駆け引き、異能アクションファンタジー!
      【戦闘/アクション/幼馴染み/強い女性/両片思い/じれじれ/駆け引き/群像劇】

    カクヨムでも連載中です。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054884009453

     冒頭
     異常な『気』を察知することには、慣れていたはずだった。それなのに見逃したのは、心地よい春の陽気に負けていたせいだ。
     微睡みから抜け出した青葉《あおば》は『異変』に気がついた途端、深く考えずに走り出した。反射にも近い。
     慌てたせいで上着を忘れてきたが、寒いと感じるような気温でもなかった。大通りから脇道に入り、さらにその奥の路地裏まで足を踏み入れても、涼しいと思う程度だ。
     まだ午睡中だった仲間たちを置いてきたのは正解だったと、青葉は独りごちる。起こすのが面倒だったからというのが理由だが、こんな狭い場所では人数がいても身動きが取れない。短い黒髪を手で適当に整えながら、彼は汚れたダンボールを飛び越える。
    「まあ、それにしたって、何も言わずにってのはまずかったかもな」
     自嘲気味な言葉が漏れるのは、彼が目指す先にも仲間がいるためだ。自転車やバイクが目につく狭い路地の向こうには、三つの『気』があった。そのうち一つは、仲間の一人である梅花《うめか》のものだ。
     異常事態に気づいて一人で探りに行ったのだろうか? それならば起こしてくれてもよいのにと思うが、自分の行動を振り返ると強くも言えない。
    「いや、あいつの場合は常習犯だし」
     駆けながら、彼は頭を振った。障害物が次々と現れるため走りにくい。何度かペットボトルを盛大に蹴飛ばしてしまった。
     しかし幸いなことに、迷惑そうに脇へと避けていた通行人は、奥へと進んでいけば見あたらなくなった。もちろん、異変を察知したからではないだろう。一般人は『気』を感じ取ることができないから、気づけるわけがないのだ。
     人間ならば誰もが持っている『気』と呼ばれるもの。把握できない普通の人間にとっては存在しないも同然だが、青葉たち『技使い』にとっては違う。
     何気なく辺りの様子を視界に入れるがごとく、さほど意識しなくてもその情報は手に入る。第六の感覚と言ってもいいかもしれない。不思議と個性もあるのだが、感情も反映されてしまう、ある意味厄介なものだ。
     そして何より重要なのは、技使いのそれは普通の人間とは異なるということだ。わかりやすいのは強さだろう。技使いは大概強い気を有している。
     だから技使いであれば、気の持ち主が技使いであるか否かはすぐにわかる。相手が実力者の場合は、隠していなければという条件付きだが。
     今、青葉が目指しているのも、そういった強い気であった。
    「何でもなきゃいいんだけどな」
     取り越し苦労であればかまわない。だが、この無世界《むせかい》で技使いの気が三つも集まっているのは異常だ。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ファラールの舞曲本は教えてくれないけれど駆け引きアンソロジー「ステルメイト」さきわけ、さきがけwhite mindsわたしとあなたのあわいのことのはその願い、届かなくともスウィートスタイルエボリューションエッセンシャル技使い創作同人活動を楽しく続けるためのメソッド