こちらのアイテムは2020/6/21(日)開催・第五回文学フリマ岩手(中止)にて入手できます。
くわしくは第五回文学フリマ岩手(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【新刊】虫めづる 三頭目

  • むしめづる さんとうめ
  • 良崎歓
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 60ページ
  • 300円
  • 2020/05/18(月)発行
  • 虫ツイノベシリーズ、虫マニアDK×普通JKのお話の、ツイノベではないお話の詰め合わせです。
    ツイノベを膨らませた掌編のWEBからの再録「ナミアゲハ」「ナミテントウ」「南に行ってきました」「蓼食う虫も好きずき」と、書き下ろし「チョウトンボ」の5編入り。
    URLは個人サイトへのリンクです。

    以下、書き下ろしの抜粋です。

    ◆◆◆

    チョウトンボ Rhyothemis fuliginosa

    -----------------------------
    「蝶蜻蛉?」
    「ひらひら飛んで、虹色に光るんだ」
    「蝶みたいに綺麗ってこと?」
    「トンボも綺麗だと思うけど」
     蜻蛉好きの彼は口を尖らせた。確かに一理ある。
    「うん、素敵なものはカテゴリーに関係なく素敵だよね」
    「だから君は俺を選んでくれたんだろ」
     彼は自分で言って頭を掻いた。
    -----------------------------

    「そろそろ、チョウトンボが出てくる頃かな」

     それは、とある初夏の金曜日、彼の一言から始まった。
    「ちょう、とんぼ?」
     私は、確かめるように、ひとつひとつ区切って言った。しかしそれは、一連なりで虫の名らしい――『ちょうとんぼ』という虫の。
     蝶なのか、蜻蛉なのか。いや、そのどちらでもないこともあり得る。『蜻蛉』と名乗っているのに、とんぼじゃない昆虫にだって、何度か遭遇してきたのだから。私は記憶の糸をたぐり寄せ、彼から以前に教えてもらった虫の名前を思い出す。蜻蛉に似ているけれど、よく見ると蜻蛉ではない虫。蜻蛉とは似ても似付かないのに、蜻蛉と名の付いた虫。
    「『つのとんぼ』とか、『へびとんぼ』みたいな感じ?」
    「ちゃんと覚えててくれたんだ。偉いね。……でも残念、はずれです」
     彼はにっこりと笑い、それから両手の人差し指で小さなバツ印を作ってみせた。誉められたけれど、ちょっと小憎らしく、そしてちょっとかわいらしい。彼といると感情が忙しくていけない。それでも今の私は、その目まぐるしさがないと、きっと寂しくて途方に暮れてしまうだろう。
     はずれです、と言われたけれど、それではいったい『蝶蜻蛉』とは何者だろう。結局、知りたい気持ちを抑えきれずに、私は「先生!」と挙手をした。
    「質問があります」
    「はい、どうぞ」
    「そもそも、蝶なの? 蜻蛉なの?」
    「トンボだよ。トンボ目トンボ科チョウトンボ属、チョウトンボ」
     彼は、眼鏡をくいっと上げた。眼鏡の奥にはいたずらっぽい笑み。これ以上のヒントはもらえない、というサインだった。彼は、私があれこれ考えている顔を見るのが楽しいらしいのだ。
     蜻蛉だというのならば、『蝶に似た蜻蛉』ということなのだろう。
     私はさっそく、蝶と蜻蛉を頭に思い浮かべてみる。頭、胸、腹の三つの部分に分かれていて、足が六本、翅が四枚。体のつくり自体の大きなところはあまり変わらないように思う。それでは、見た目が蝶に近い蜻蛉なのだろうか。
     たとえば、顔はどうだろう。虫の顔は、触角、大きな複眼、それに口でできている。蝶は花の蜜を吸うストロー状の口、蜻蛉は他の虫の肉を砕く顎。ストローを持った蜻蛉、つまり蜜を吸う蜻蛉は、さすがにいないような気がする。
     それでは、翅は。私の知る範囲では、蜻蛉の翅は透明なものが多くて、蝶の翅は彩りさまざま、カラフルなイメージ。数はどちらも同じ四枚だけれど、色や形が蝶に似た蜻蛉がいてもおかしくはない。
    「蜻蛉だけど、蝶みたいにきれい――ってこと?」
    「トンボも綺麗だけどね」

    (続く)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【新刊】虫めづる 三頭目虫めづる虫めづる 二頭目ドロップスふたごもりの家その、幽かな声をへづねぇどぎはふたりたび