こちらのアイテムは2020/6/21(日)開催・第五回文学フリマ岩手(中止)にて入手できます。
くわしくは第五回文学フリマ岩手(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

幻想盛夏

  • げんそうせいか
  • ひではる
  • 書籍|新書判
  • 44ページ
  • 400円
  • 2019/06/03(月)発行
  • 『夜』
     再開発地域に取り残された小さな酒場と、男と女。二人が交わす取り留めのない言葉。
     夜という装置の上で演じられる小さな舞台劇。

    『浴衣の腕の話』
     終日奇譚その2。
     郷里から届いた浴衣に腕が生えた。親子と猫と腕の四人の生活が始まる。
     人と怪しい者とが織り成す物語は、それでも日常を越えない。
     いつかどこかの物語。

    『ほふりちゃん』
     十五年ぶりに故郷に戻って来た村木は、未だ地元での生活に馴染めずにいた。
     就職情報誌を探しに行った帰り道、夏祭りの雑踏を抜けようとして呼び止められる。
     振り返った先にいたのは学生時代の女友達と、彼女の娘。
     人生の迷子になった三人の物語。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

幻想盛夏