こちらのアイテムは2019/6/9(日)開催・第四回文学フリマ岩手にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ岩手公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

〈渡り〉の城柵——Citadel for Peacebuilding——

  • イ-26 (小説|歴史・古典)→配置図(eventmesh)
  • わたりのじょうさくしたでるふぉーぴーすびるでぃんぐ
  • 鹿紙路
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 110ページ
  • 600円
  • 2018/06/17(日)発行
  • 環(たまき)北辺の地・井津端国(いづはこく)で民衆が反乱を起こし、春山城が焼かれる。七年前の怨霊出現事件で無職となっていた軍事貴族:春野は、元上司保円(やすまど)の推挙により反乱鎮圧のための鎮守将軍に任命される。地元民のことばや事情に精通した春野の功により、反乱軍は降伏するが、都からは尚も殲滅を命じる飛駅が来て――。
    北の財に殺到する王臣家。専横を極めようとする摂政。国家という肥大した欲望に晒されて、北辺とともに生きることを選んだ春野は、葛原氏の利害と切り結びながら、旧友たちと死地を切り拓こうとする。
    文フリ岩手公式アンソロ2018掲載作品「<渡り>の城柵――望春に駆けよ――」15年後舞台の続編。

    ※「<渡り>の城柵――望春に駆けよ――」は、こちらhttps://kakuyomu.jp/works/1177354054884723785 で公開中です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

翼ある日輪の帝国おばおね百合アンソロジー 乞ひぞ募りて【軽装版】しろたえの島、いつくしの嶺〈渡り〉の城柵——Citadel for Peacebuilding——ロマンス イン ザ ダーク/ブライトレッド・シーダー

「気になる!」集計データをもとに表示しています。