こちらのアイテムは2018/6/17(日)開催・第三回文学フリマ岩手にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ岩手公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

東京ヒートウォール

  • イ-13 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • とうきょうひーとうぉーる
  • 高橋和珪
  • 書籍|A5
  • 60ページ
  • 300円
  • 2017/6/11(日)発行

  • 21××年――
    気象庁の予想をはるかに上回る速さで
    都市部の気温は上昇を続け、
    増え続けた超高層ビル群は
    城壁の如く都心を包囲した。 

    夕子の妹、朝美が
    岩手から東京へ出かけたその日、
    代々木で火災が発生。
    大規模化したそれは、
    超高層ビル群を核とした
    天を衝くほどの灼熱の気流となった。 

    「ヒートウォール」の発生である。 

    連絡が取れなくなった朝美を探しに
    夕子は東京をめざし、
    ゲームオタクの青年と出会う。 


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

短編集サクラサク葉山の海でもう一度(リニューアル版)小さなお惣菜屋さんの夜の住人太陽のヴェーダ 先生が私に教えてくれたこと【1】太陽のヴェーダ 先生が私に教えてくれたこと【2】太陽のヴェーダ 先生が私に教えてくれたこと【3】太陽のヴェーダ 先生が私に教えてくれたこと【4】太陽のヴェーダ 先生が私に教えてくれたこと【5】東京ヒートウォール雪鬼女狩りの村 紅い雪ストラップセット太陽のヴェーダ【番外編】先生が私に教えてくれないこと

「気になる!」集計データをもとに表示しています。