こちらのアイテムは2023/2/26(日)開催・文学フリマ広島5にて入手できます。
くわしくは文学フリマ広島5公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

バビリアグル・ジョディアン −ミディアミルド物語 12− 【文フリ広島初頒布】

  • い-01〜02 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • ばびりあぐるじょでぃあん
  • 野間みつね
  • 書籍|A5
  • 192ページ
  • 700円
  • https://mitsune.jp/Epub/bibi/…
  • 2022/8/12(金)発行

  • 君としとねを共に出来る夜を長年心待ちにしてきたのだよ、私は。


     ミディアム・サーガ達の命を奪おうと企てたケーデル・フェグラムは、レーナの予言者ミグ・ローリアを伴い、処刑場であるボレーの丘に向かう。ようやくあの超予言書『カフィルス』に記されていた未来を変えることが出来ると高揚感を覚えるケーデルに、しかしミグは、「あなたは、此処に集う皆の命を危険に曝そうとしておいでだったのですね」と警告する……

     野間みつねが高校生の頃から手掛けている、いわば“準ライフワーク”的な、架空世界の歴史物、第12巻。現状、当サークル最近刊。

     === 以下抜粋 ===

     ミグは、やや意外そうな表情になった。
    「ミディアム様……ずっとケーデル将軍と御一緒に過ごされていたのですか……?」
    「あれ、俺がケーデルの屋敷に居たってこと、レーナには伝わってなかった?」
    「……将軍のもとに滞在させられているそうだという話はジャナドゥ隊の探索でこちらにも伝わっていましたが、将軍の屋敷にまでは潜入出来ず、またメシュメル城内でも、マーナ側に怪しまれないよう接触するのが極めて至難とのことで、日常の詳細しょうさいつかめない……と」
    「そうだったんだ?」
     ミディアムは軽く首をかしげた。だが、思い返せば確かに、マーナ滞在中にレーナ側のジャナドゥから何かしらの接触が試みられたことはなかった。そして、更によく思い返してみれば、ケーデル邸の外に居る時には、ほぼ常に、マーナ側の誰かが近くに居た。
    (……偶然……じゃなかったんだろうな)
     あの[#「あの」に傍点]ケーデルが、ミディアムへのレーナ側からの接触を防ぐ手立てを全く講じていなかったとは思えない。王城に同道する時も、ミディアムが誰の目からも離れてひとりになってしまえる局面が生じにくいよう、連れてゆく場所や日時などは選んでいたに違いない。しかも、ミディアム自身にはその用心を全く気付かせぬように。
    「……ずっとケーデルと一緒に過ごしてたわけでもないけど、ほぼ毎晩、晩飯だけは向こうが自分の部屋に招いてくれてたから。色んな話はしたなあ。こういう感想はレーナの武官としては良くないのかもしれないけど、あいつの話を聞いてると凄くたのしくて、きが来なかった。俺の方がどう思われてたかは……色々あって上手うまく整理出来ないけど」
    「ケーデル将軍は……」
     ミグは、やや躊躇ためらうように口籠くちごもったが、言葉を続けてきた。
    「王族ならぬ身でジャナドゥを使っていると聞いていますが、ミディアム様は……お見掛けしていましたか」
    「うん、後から思うとそうだったのかな、って思い当たる使用人は結構居たかな……」
    「……その中に、若い女の方はおいででしたか」
    「えっ、あ、うん、ひとり……」
     ミディアムは面食らった。確か先程、新族長のカーティスも、同じような流れで全く同じことを尋ねてこなかっただろうか?
     ミグは目を伏せ、そうですか、と小声で呟く。
    「……綺麗きれいな方でしたか」
    「えっ?」
     流石に怪訝な声を上げてしまったミディアムに、ミグははたと我に返った様子で、パッと赤面した。
    「も、申し訳ありません……変な意味で気になって尋ねたわけではなく……あの……その……」
    「あー……あ、いや、変な意味では取ってないから、気にしなくていいよ、全然」
     ミディアムは、自分も何となくほおが赤らむのを覚えつつ、軽く上げた両手を左右に振った。

         ───「長寿族の里にて」より

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ミディアミルド物語 【シリーズ概要】バビリアグル・ジョディアン −ミディアミルド物語 12− 【文フリ広島初頒布】魔剣士サラ=フィンク小説BADOMA 【シリーズ概要】まなざし (下)歳三《おれ》達の場合 −綺譚 月石の民−月は欠けゆく −大河ドラマ『新選組!』伊東甲子太郎への追悼をこめて−早蕨号、異世界をゆく【改訂第二版】 エモーショナル・サイオニックアンチ・サイオニック・シティ伝説がたりはたとせ −「千美生の里」20周年自選蒐 −DayDream Quest 〜最弱勇者が復活を繰り返したら魔王と対決することになりました〜【委託】 colorful! 一筆献納2022 【アンソロ】【委託】 壁の向こうには 一筆献納2023 【アンソロ】【文フリ広島初頒布】

「気になる!」集計データをもとに表示しています。