こちらのアイテムは2022/10/23(日)開催・第八回文学フリマ福岡にて入手できます。
くわしくは第八回文学フリマ福岡公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

短歌は記憶する

  • い-08 (詩歌|俳句・短歌・川柳)→配置図(eventmesh)
  • たんかはきおくする
  • 松村正直
  • 書籍|四六判
  • 220ページ
  • 1,500円
  • 2010/11/13(土)発行
  • 「短歌は時代を記憶する。人々の記憶をなまなましく封じ込めている。 だから、短歌を読むことによって、時代の持つ雰囲気がまざまざと甦 ってくるのだ。その中には、歴史書や年表には残されていないものも 多く含まれている。」(「あとがき」より)
    第9回日本歌人クラブ評論賞受賞。

    第一章 時代と短歌 サブカルチャーと時代精神/ゴルフの歌の百年/短歌に見る家屋の変遷/仁丹のある風景
    第二章 戦争の記憶をめぐって 軍馬という兵器/歌枕としての「ヒロシマ」/靖国神社が抱えるもの/ 八月十五日の謎/樺太の見た夢/サンシャインビルの光と影
    第三章 歌人論 長い時を越えて―清原日出夫論/二つの顔を持つ男―石田比呂志論/ 短歌史へのまなざし―三枝昂之論/母恋いの歌―永田和宏論

    四六判、220ページ、定価2200円。
    六花書林、2010年11月13日発行。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

駅へやさしい鮫風のおとうと紫のひと戦争の歌短歌は記憶する樺太を訪れた歌人たち

「気になる!」集計データをもとに表示しています。