こちらのアイテムは2022/10/23(日)開催・第八回文学フリマ福岡にて入手できます。
くわしくは第八回文学フリマ福岡公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

紫のひと

  • い-08 (詩歌|俳句・短歌・川柳)→配置図(eventmesh)
  • むらさきのひと
  • 松村正直
  • 書籍|A5
  • 208ページ
  • 1,500円
  • 2019/09/03(火)発行
  • 2017年・2018年の連作を収めた第5歌集。

    ・私にはいるはずのない弟が囁きかける夜の跨線橋
    ・紫のひとは部屋から出て行きぬ絵のなかに私ひとり残して
    ・こんなにも花咲くことのくるしくて苦しきゆえに咲くのか花は
    ・知らぬ人を殺したことがあるような日暮れ ボストンバッグを探す
    ・何ゆえかあなたが歌う子守唄 つぶるまなこの奥より聞こゆ

    A5判、208ページ、定価2500円。
    短歌研究社、2019年9月3日発行。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

駅へやさしい鮫風のおとうと紫のひと戦争の歌短歌は記憶する樺太を訪れた歌人たち

「気になる!」集計データをもとに表示しています。