こちらのアイテムは2021/10/31(日)開催・第七回文学フリマ福岡にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ福岡公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

枯三途

  • い-28 (小説|短編・掌編・ショートショート)→配置図(eventmesh)
  • かれさんず
  • やまさん
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 116ページ
  • 400円
  • 2020/11/22(日)発行
  • 書き下ろしも含め、4作のホラー物を収録した短編集です。
    ブラックユーモアやグロテスクな成分は控えめに執筆しました。
    そして、あとがき付きです。

    【収録作】
    ・『るつぼに』(デスゲーム系・書き下ろし)
    6人の老若男女が目を覚ましたのは、円形の密室空間だった。ドアや窓は無く、上下左右が分厚い鉄筋コンクリートに覆われている。いかにも「デスゲーム」やってます的な雰囲気だ。
    ところが、彼らを監禁した犯人は、いつになっても現れないどころか、声明一つ出してこない……。

    ・『駅で待つ』(現代系・推敲版)
    とある駅で、特急列車を待つヒロインたち。
    駅はいつの間にか建て替えられ、鉄骨とガラスは新品そのもので、光り輝いていた。
    やがて列車が、線路の向こうから現れたものの……。

    ・『彼女との』(日記調・推敲版)
    これは田舎に住む、ある男の日記。
    男はある日の買い物中、一目惚れをした。相手はとても魅力的な女性だった。男は思い切って声をかける。
    ……何はともあれ、日記は一人称視点なところが、ミソでありミゾなのだ。

    ・『患者E』(SF系・推敲版)
    少年と少女は、病院の外に広がる素晴らしい景色に憧れていた。彼らに取ってそれは、当然抱く反応だ。
    その憧れは、想定外な流れへ向かうこととなるが、当然であり必然であった。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

アナタガデキルコト枯三途PROCEED WITH CAUTION

「気になる!」集計データをもとに表示しています。