こちらのアイテムは2013/11/4(月)開催・第十七回文学フリマにて入手できます。
くわしくは第十七回文学フリマ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

Lousism Fragments

  • A-27 (小説|純文学)
  • らうしずむふらぐめんつ
  • 日谷良平
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 結局、僕達は傍観者なのだと。
    そう思うのです。本当に踏み込む度胸もない、何かしらの安全圏に立っている。
    そこを踏み越える人もいれば、踏み越えない人もいれば、躊躇っている人もいる。
    傍観者は楽なのです。踏み越えてしまった連中が、足掻き苦しみ死んでいく様をへらへらと笑える権利を持っている。踏み越えてしまった連中の清く正しい言葉に意識だけ便乗して、二足歩行の胴体はコンビニエンスストアでカップラーメンを選んでいる。そして世界はあなたを肯定する。否定しない、笑って許してくれる。その世界を作ってるのは、あなたの脳髄の中にいる白い髭を蓄えた神様なんだから。
    反吐は出ませんね。ただただ苦笑うだけです。
    結局、僕達は傍観者なのだと。
    それを描かねばならぬ、と思うのです。踏み越える必要はない。踏み越えない必要もない。僕達には何の責任もありません。何の義務もありません。僕達は責任も義務もない、凡弱な、有象無象の一片だということを、知らねばならぬと。それを描かねばならぬと。
    意味もなく、僕はそう思うのです。

    そういう僕の理想が反映しているのかっていったら別にそーでもない気しかしねぇんですが、とりあえず書き溜めていたものを九編ほど並べた短編集です。大体において他人に読ませると「お前らしいなぁ」としか感想の返ってこないようなもんが集まってはおりますが、何卒宜しく。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

Lousism FragmentsDead Poet Society虱の感想文

「気になる!」集計データをもとに表示しています。