こちらのアイテムは2013/11/4(月)開催・第十七回文学フリマにて入手できます。
くわしくは第十七回文学フリマ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

トラベルゲームブック『ツンデレお嬢様と大きな財産』

  • エ-18 (ノンフィクション|旅行記)
  • とらべるげーむぶっくつんでれおじょうさまとおおきなざいさん
  • 水車渓谷
  • 書籍|A5
  • 900円
  • 2013/04/14(日)発行

  • 【概要】

     ライトノベル・ゲームブック・旅ガイドが一体となった、トラベルゲームブックシリーズの第1作。 
     
     システムはゲームブックだが、各地の観光情報やちょっとした旅情報をエピソードとして挿入。旅行記のテイストを残しつつ、さらに小説の雰囲気を強めた作品である。
     自由度の高い物語構成で、マルチエンディング方式を採用している。
     
      主人公(丹野克也)がヒロイン(富津令愛)の遺産相続騒動に巻き込まれ、東京→稚内を共に旅することとなる。 
     
     パラグラフ数435、スタートからゴールまでの経路だけで2120通り。そのほか、各経由地での選択肢もある。
     使用できる交通機関は、新幹線・在来線(特急/夜行/普通)・フェリー・高速バス・飛行機など。

     キャッチコピーは『一つひとつの選択が、無数の未来を紡ぎ出す……』。
     
      

    【あらすじ】

     高校生の丹野克也は、祖父の親友である富津剛健から『あるものを運ぶ』というバイトをするよう頼まれる。剛健は有名な大企業の創業者で、克也も幼いころに面識があったという(ただし、幼かったため彼に当時の明確な記憶はない)。 
     
     その『あるもの』とは、剛健の孫娘である令愛だった。剛健が亡くなった以後に会社の経営権を巡って争いが起きないようにするため、今のうちに後継者を決めておきたいというのだ。 
     
     そこで令愛とその妹の舞華に東京→稚内の競争をさせ、勝った方を後継者として指名するらしい。克也はその競争において、令愛をサポートするパートナーに選ばれたのだった。 
     
     ちなみに舞華のパートナーは、姉妹の遠縁に当たる知多智史。穏やかな物腰で落ち着きのある人物だ。
     
     ――果たして、克也と令愛の旅の最後には何が待っているのだろうか?
     

    【備考】

    ・本文モノクロ176ページ/右開き/縦書き/2段組
    ・パラグラフ数435
    ・ホームページにて立ち読みが可能です。 

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

大和八木〜新宮167km! 日本最長路線バス旅行記トラベルゲームブック『ツンデレお嬢様と大きな財産』文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド〜大阪対応版〜文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド〜東京流通センター対応版〜短編・掌編小説集 しあわせランチボックス・第三食私鉄と路線バスで行く1都5県 渡船旅行記凍死寸前! 冬の東北ローカル線旅行記 【電子書籍あり】徒歩と都バスで東奔西走!! 東京23区役所旅行記 【電子書籍あり】温故知新!! 秩父SL旅行記臨時快速三本勝負!  南東北&新潟旅行記 【電子書籍あり】ぐるり環七&多摩 路線バス旅行記 【電子書籍あり】お気楽散策!? 三陸旅行記 【電子書籍あり】0泊6日!? 夜行快速旅行記 【電子書籍あり】短編・掌編小説集 しあわせランチボックス・第二食短編・掌編小説集 しあわせランチボックス・第一食JR北海道 乗りつぶし旅行記 【電子書籍あり】特典〔懐かしのゲームブック〕シリーズ情報新聞 そよ風通信そよ風文芸食堂目録シリーズ番外編 東京23区都営バス 東西南北縦横旅行記特別編 島村渡船フェスタ旅行記

「気になる!」集計データをもとに表示しています。